2020冬ドラマ

『ケイジとケンジ』(第1話)のネタバレ感想|豪太の教え子は人殺しになった?!

スポンサーリンク

テレビ朝日系ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の第1話が1月16日に放送されました。

このドラマは桐谷健太・東出昌大W主演が話題となっている作品です。

脚本はNHK朝のテレビ小説『まんぷく』など、数々の大ヒットドラマを生み出した福田靖。

桐谷健太が演じるのは、中途採用の異色刑事である仲井戸豪太

その豪太と対立しながらも、信頼関係を築いていくエリート検事である真島修平東出昌大が演じます。

この2人横浜を舞台に大暴れするバディ物となります。

また、ヒロインである仲井戸みなみ比嘉愛未が演じます。

みなみは、立会事務官とし2人と妙な三角関係になっていくのも見どころのようです。

第1話は、豪太が体育教師から交番勤務、さらに横浜桜木署の捜査課へ異例の出世をするところでスタートします。

一方横浜地検みなと支部の検事である修平は、立会事務官のみなみに片思いするも、手ごたえはなし。

その上検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りは募り…。

今回は『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話のネタバレ感想を紹介します。

この記事は『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

皆さま、#ケイジとケンジ 初回放送
お楽しみいただけたでしょうか?

暑苦しいけどいじらしい。
ズレてるけれど微笑ましい。
凸凹だけど愛おしい。
半人前のバディ、どう進化していくのでしょうか。

この3人を、これからもよろしくお願いします!
横浜の夜景と共に。#桐谷健太#東出昌大#比嘉愛未 pic.twitter.com/3Die7FWgeC

— 1/16スタート!木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』テレビ朝日公式 (@keijitokenji) January 16, 2020

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話のネタバレ|1月16日放送

1月16日に放送された『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話のネタバレを紹介します。

空き巣犯は教え子

豪太は高校で8年間体育教師をしていたが、「高校生に まっとうな人生を歩ませてやるためには警察官になって 悪い大人を撲滅させなきゃ駄目」と警察官になった。

その後、横浜の交番勤務となった豪太は、刃物を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。

県警本部長に表彰された際に、豪太は本部長へ直訴し、念願だった横浜桜木署の捜査課へ異動が決まる。

強行犯係に配属された豪太だったが、連続空き巣事件が署内の最重要事件と聞き、管轄外にも関わらず捜査を始める。

豪太は見事空き巣犯の滑川秀幸(馬場徹)捕まえるものの、滑川は元教え子だった。

豪太は、滑川の取り調べに同席を願い出る。

その席で豪太は「お前 料理人になるって夢はどうしたんだよ!父ちゃんと母ちゃんまた泣かせんのか? おい…!」と滑川への感情をむき出しにしてしまう。

ごめんなさい 先生!」と泣きながら謝り続ける滑川だった…。

その後、豪太は歓迎会を開いてもらうものの、「俺は教師失格」と落ち込むのだった。

スポンサーリンク

滑川は人殺し?!

横浜地検みなと支部の検事である修平は、落書き事件を担当していた。

検事になり5年目だというのに殺人未遂などの大きな事件を任せてもらえない。

みなみに片思いをしているが、そちらもあまりうまくいっていない様子。

修平の気持ちにみなみも薄々感じているが、「別の惑星の住人って感じ」といまいちピンと来ていない。

みなみは、2年同棲していた彼と別れたばかりだ。

そんなみなみのところへ、兄である豪太が勤務しやすいと転がり込み、同居が始まる。

そんな時、修平は送検されてきた滑川を担当することに。

修平が余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げたと話す滑川。

滑川はその家について、 西初音町という以外は詳しくは覚えていないという。

横浜桜木署によると事件にはならなかったが、同じころに 西初音町で自宅で亡くなっていた老人がいたことが判明。

老人は持田定彦85歳で、すでに心肺停止状態だったとのこと。

修平は滑川が空き巣に入ったのは持田宅で、持田の死は突き飛ばしたことが原因による死、つまり強盗致死もしくは強盗殺人の可能性を疑う

そのため警察に物的証拠を見つける補充捜査を要求。

部長検事である樫村(柳葉敏郎)にお手柄と言われ、ますます張り切る修平。

しかし豪太は「滑川はそんな悪い奴じゃない」と持田の死を偶然の産物と主張するのだった。

検事と刑事は立場が違う?

補充調査により、滑川の毛髪が持田宅より発見される。

修平が再度滑川を取り調べるが、滑川は持田を突き飛ばしたことを覚えていないと言い出す。

滑川は豪太の「どうして突き飛ばしたんだ?」という言葉を聞き、持田が亡くなったことを察したのだ。

余計なことをする豪太に、修平は刑事と検事は立場が違うと声を荒立てる。

修平の「こんなにいい事件 めったにないチャンス」という言葉を聞き、豪太は修平の出世のためだと合点がいく。

修平と豪太が言い争ううちに、修平にみなみが豪太の妹だということがバレてしまう

みなみの兄にあんな態度を取ってしまったと謝る修平だが、みなみに「検事として当然」と言われ、ホッとする。

滑川の罪状

修平は引き続き滑川の取り調べを行い、被害者を突き飛ばした時に殺意があったのではないかと滑川に迫る。

「違います!」と否定する滑川。

悩んだ挙句、滑川の起訴状を作り終えた修平。

一方豪太は署長である大貫(風間杜夫)に「検察が上で、警察が下だとは思っていません」と言われ、安堵とする。

しかし「今 一番 考えなきゃいけない事は何?」と詰め寄られる。

そこで豪太は残された遺族である持田の妻に会いに行く。

豪太は「一番かわいそうなんは亡くなった持田さんと残された奥さんや…」とやっと状況を理解することが出来た。

しかし、やはり自分は刑事に向いていないのではないかと改めて思う豪太。

その後、豪太はみなみに連れられた店で、偶然修平に会う。

そこで滑川の罪名は、“窃盗罪及び住居侵入罪”としたと聞き、驚く豪太。

突き飛ばされた事と持田の死亡との因果関係は今となっては証明出来ず、また殺意も証明出来ないというのが修平の見解。

また、滑川は持田宅から何も盗んでいないため、堅実に窃盗罪と持田宅への住居侵入罪での起訴する事にしたとのこと。

樫村に「送致されてきた時の警察の調書を見た時に、この事件は恐らくこうなるという見通しを立てられないようじゃまだ半人前だ」と言われたことを思い出し、苦い表情の修平。

豪太は「5年の求刑で、判決は3年」と聞き、胸をなでおろす。

しかし、豪太と修平の意見の食い違いによる、言い争いは止まらない。

そして、修平のみなみへの思いを知った豪太。

「あんたとみなみは仕事上のパートナーや。俺とこいつの関係と同じやぞ みなみ」と言う豪太。

対して「あなたは捜査官 僕は法律家。立場が違う。 全然違う!」と言い返す修平だった。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話の感想|1月16日放送

豪太は予想通り、いや予想以上の熱血刑事ですね。

平成を飛び越えて、昭和の刑事という感じ。

でも教え子が捕まってしまい、チームのみんなに頭を下げている様子などは好感が持てます。

一方、修平のズレた人柄や口説き方を見て、みなみが全然惹かれない原因がわかりましたね!

そして謎のポルトガル押し(笑)

各国の料理がこれからも登場するのでしょうか。

そういえば、ネットでも話題になっていた、豪太が持っていた玉手箱は一体なんだったのでしょうか。

こういった小ネタは楽しいですよね!

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第1話まとめ|1月16日放送

まったくそりが合わない豪太と修平。

この2人がどうやって信頼関係を築いていくか、楽しみですね!

みなみが元カレの私物をまだ家に多数残したままのも気になります。

そして出来れば毎週見たいのが、メグちゃん(磯村勇斗)の豪太のモノマネですね。

本編の他にもいろいろと楽しませてくれそうです。

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』

↓全話のまとめはこちら↓

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

>>【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 全話まとめ】<<

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です