2020冬ドラマ

『知らなくていいコト』第5話のネタバレ感想|尾高の頭ぽんぽん殺害の動機は?

知らなくていいコト
スポンサーリンク

↓huluで『知らなくていいコト』を全話見る↓

日本テレビ系ドラマ『知らなくていいコト』の第5話が2月5日に放送されました。

30年前に乃十阿のとあ(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高おだか(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則おきたひでのり(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川くろかわ(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。

近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。事件の“本当の動機”を知りたいと思うケイトだが、頑なにマスコミを避ける沖田からは面会申請を断られてしまう。そんな中、編集部では連載班の小泉こいずみ(関水渚)が春樹はるき(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。

今回は『知らなくていいコト』第5話のネタバレ感想を紹介します。

この記事は『知らなくていいコト』第5話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

huluは2週間無料キャンペーン中なので、
その間に解約をすれば

実質無料で
『知らなくていいコト』

視聴することができます!

『知らなくていいコト』を視聴

公式サイトはこちら

?

『知らなくていいコト』第5話のネタバレ|2月5日放送

スポンサーリンク

動機不明

30年前に乃十阿が事件を起こしたキャンプ場に尾高と共に訪れたケイト。

キャンプ場は廃墟になっていた。

事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱くケイト。

ケイトは「何で尾高さんは私をここに連れて来てくれたの?」と尋ねる。

すると「だって 俺が一緒に来なかったら1人で来たろ?ここにケイトが1人で立ってる姿は想像したくないもん」と答える尾高。

そしてケイトのことは「昔なじみだから」と言う尾高だった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

「知らなくていいコト」【公式】(@shiranakuteiikoto_ntv)がシェアした投稿

後日、元警察署長・沖田秀則が実の孫を殺害したという裁判の傍聴に訪れたケイト。

そこへ訪れた新聞記者に声を掛けるケイトだったが、それを後輩からプライドがないと言われる始末。

するとケイトは「記者クラブ制度に守られて特権を与えられた新聞は、警察や政府に忖度しないわけにはいかないの!」

「だから記者クラブに属さない(週刊誌の)私たちこそが本当のこと伝えなきゃなんないのよ!」と強く言い返すのだった。

沖田は殺人は認めたものの、動機は語っていないとのこと。

乃十阿の事件との共通点、また沖田が何かを隠しているのではないかと直感で感じるケイトは記事になるのではないかと

早速ケイトは、沖田家の周辺の聞き込みに向かう。

すると報道では行き過ぎたスパルタによる殺害ということになっているが、「孫を甘やかしすぎだった」という別の証言も得る

拘置所で沖田に面会を断わられてしまうケイトだが、面白い記事になると思うと上司の黒川に断言するのだった。

別の事件から、警察も弁護士も裁判所もマスコミも動機を納得しやすい方向に流し勝ちだと気づいたケイト。

目先を変えて、被害者である沖田弘人の聞き込みを行うことに。

すると弘人は趣味が爆弾作りで、爆弾王のバッキンと呼ばれていたことを知る。

さらに祖父が警察官であることを盾にやりたい放題だったという弘人は、友人からはあまり好かれてはいなかった。

そしてケイトは爆弾作りのサイトに、バッキンこと弘人が爆破予告をしていたことを知る。

爆破場所は弘人の自宅そばの保育園で、日付はハロウィンの日だった。

沖田がスパルタ教育で殺したのではなく、爆破を阻止するために殺したと推察するケイト。

岩谷から弁護士の接見について行くように言われたケイト。

ケイトはまず弁護士に会うが、弁護士から「沖田は、今とは違う事実が明らかになることを望んでいない」と同行を受け入れてもらえなかった

突然のキス

連載班の小泉が、ケイトと春樹が別れたことを察し、「私と付き合ってください」と迫っていた。

小泉を食事に誘った春樹は、ケイトと別れた理由を聞かないと約束してくれたら付き合うという。

さらに小泉に両親のことを尋ねる春樹。

小泉は質問に答えながらも、「付き合いたいとは言ったけど結婚は考えてませんよ?」と言う。

そんな小泉だったが、春樹と別れ際に自らキスをして、立ち去っていくのだった。

立ち上がるケイト

岩谷と尾高と食事をし、飲み過ぎてしまったケイトは尾高に家まで送ってもらう。

しかし、祭壇には杏南(秋吉久美子)の遺骨があり、ケイトが納骨が終わったと嘘をついたことがバレてしまう。

「見ないで」というケイトに「何も見てないよ」と返す尾高。

「ママのお骨がなくなったらこの家 広く感じちゃうと思って納骨できないの。もう49日とっくに過ぎてるのに」と、思わず尾高に身を寄せるケイト。

ケイトの頭に優しく触れ、足早に立ち去る尾高。

後日、やっと納骨を終えたケイトは尾高に報告をし、再度弁護士にアタックするのだった。

自身の考えを弁護士に話し、説得を試みた結果、とうとう接見に付き添うことが出来たケイト。

ケイトは自分の仮説を沖田に話す。

・自身の司法試験の勉強が進まないことを近所の保育園の騒音のせいと考えた弘人

・闇サイトの掲示板に爆破予告の書き込みがあり、日頃の行いからそれが孫の弘人の行いだと察した沖田

・沖田は、爆弾を持って家を出ようとした弘人を止めようとする

・2人はもみ合いになり、沖田はゴルフクラブで誤って弘人を殺害してしまった

・沖田は弘人の名誉を守るために、自分から罪をかぶっているのではないか

しかし沖田は何も言わず、接見を終了してしまった。

岩谷と黒川に報告をするケイト。

岩谷は「元警察署長が孫を殺してまで守りたかったのは、孫の名誉なのか自分の名誉なのかは分からないが…」と想像を巡らせる。

その上で、「ケイトの推理を書け。状況証拠は十分だ」を指示をする岩谷。

「本人の証言もないのに、想像では力強い記事にならない」と反論するケイト。

しかし「想像でいいから、孫を殺害まで苦悩を書け。沖田のやむにやまれぬ心情や、殺害がスパルタ教育の果てという原因がひとり歩きしたのかなどを書け。」という岩谷。

ケイトはしぶしぶ「殺人犯が守りたかったもの」という記事に取りかかる。

しかし沖田と乃十阿のことをかぶってしまうせいか、ケイトはいつものように記事を書けず、岩谷が加筆を行うこととなった。

記事のことがきっかけで、警察は沖田の自宅を捜査し、庭から埋められていた爆弾を発見。

それでも沖田は完全黙秘を続け、控訴するつもりはないとのことだった。

その後ケイトはまたもや乃十阿に会いに行き、今度は接触を試みる。

真壁杏南の娘です」と名刺を渡すケイト。

すると名刺を手で握りつぶしながら、「金出せ」と手を出す乃十阿。

幾ら出せばお話 聞かせていただけますか?」と強く返すケイトだった。

『知らなくていいコト』第5話の感想|2月5日放送

乃十阿の件が、ケイトの仕事にとうとう影響が見られるようになってきましたね。

沖田の事件について「これで良かったのかな?」と疑問に感じていました…。

尾高が乃十阿のことがきっかけニュースカメラマンをやめたように、ケイトもニュース記者をやめてしまうのでしょうか。

しかし、最後で再び乃十阿のところに行くという強い一面を見せていましたね!

また尾高とケイトの仲も少しずつ、ただの“昔なじみ”ではなくなっていくように感じます。

尾高がケイトの動向をとても気にしている様子も伺えますね!

スポンサーリンク

『知らなくていいコト』の全話を無料で視聴する方法

『知らなくていいコト』は日テレ作品なのでhuluで全話が配信されます。

会員ではないと視聴することができませんが、huluは初回に限り2週間無料キャンペーン期間がありますので、

まだ使われたことのない方は、是非活用されると『知らなくていいコト』を無料で視聴することができます。

公式サイトはこちら

ちなみに過去に利用されたことのある方でも、ご家族の端末や友人の端末などを使えば1人1回は2週間の無料キャンペーンを利用できるので、すでに1度無料キャンペーンに入ってしまった方はこの辺をうまく使うことで、無料で視聴可能です。

huluはこちらは登録することができます!

『知らなくていいコト』を無料視聴する方法
  1. huluの『無料トライアル期間』(2週間)に登録
  2. 『知らなくていいコト』を視聴する
  3. 他の見放題作品も見ておく
  4. 『無料トライアル期間』(2週間)中に解約するか、月額933円(税別)で継続

[PR]huluで『知らなくていいコト』を無料視聴する方はこちら

『知らなくていいコト』第5話まとめ|2月5日放送

取材につまづきながらも、やっと杏南の納骨を終えたケイト。

弁護士の説得に成功するものの、犯人に動機を語ってはもらえませんでした。

そしてケイトは今回の沖田と乃十阿の事件をかぶらせてしまったせいか、途中で疑問を感じるようになります。

今後、ケイトの記者としての人生はどうなっていくのでしょうか。

尾高はどんな思いでケイトを見つめているのでしょうか。

次週は不倫問題です。

タイムリーと言えるのでしょうか。

尾高に想いを寄せるケイトが、どんな記事を書くのかも気になります!

『知らなくていいコト』

↓全話のまとめはこちら↓

知らなくていいコト

>>【知らなくていいコト全話まとめ】<<

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です