2020冬ドラマ

『知らなくていいコト』第8話のネタバレ感想|尾高は離婚を決意 乃十阿が庇ったのは誰?

知らなくていいコト
スポンサーリンク

↓huluで『知らなくていいコト』を全話見る↓

日本テレビ系ドラマ『知らなくていいコト』の第8話が2月26日に放送されました。

ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情からケイトの父が乃十阿徹(小林薫)であることを他誌にリークした野中(重岡大毅)。襲撃事件で腕を刺されながらも退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けているとは思いもせず、早速取材に奔走する。そんな中、上層部からケイトの異動について圧をかけられた岩谷(佐々木蔵之介)は、上の要求を突っぱねるためケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。

それは、与党議員・梅沢の金庫番だった男・相田の自殺でうやむやになったワイロ疑惑について。全ての罪をかぶる遺書を残して自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報を掴んでいた。トカゲのしっぽ切りをしたであろう梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも消えた帳簿探しに奔走するが、相田の妻・依子(遠藤久美子)から頑なに取材を拒否されてしまう。一方、入院中の尾高(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配するが……。そして翌日、ついにケイトが乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然となる!殺人犯の娘が週刊誌記者ということが公になりケイトを取り巻く状況は一転!追う立場から追われる立場にもなり、さらなる逆境に立たされたケイトはそれでも記者として仕事に向き合おうとするが……!?

今回は『知らなくていいコト』第8話のネタバレ感想を紹介します。

この記事は『知らなくていいコト』第8話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

huluは2週間無料キャンペーン中なので、
その間に解約をすれば

実質無料で
『知らなくていいコト』

視聴することができます!

『知らなくていいコト』を視聴

公式サイトはこちら

?

『知らなくていいコト』第8話のネタバレ|2月26日放送

ケイトは異動?!

ケイトは退院早々、周囲を唖然とさせつつ、ラーメン屋の偽造スープのネタ取りに走り回る。

そんな中、副社長に呼び出される岩谷。

今回の襲撃事件を受けて、上層部はケイトを異動させたいという意向。

岩谷は要求を突っぱねるため、ケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。

それは与党議員・梅沢の賄賂問題を追うというもの。

金庫番だった相田は全ての罪をかぶる遺書を残して自殺し、真実は闇に葬られていた。

ケイトは刺された時のトラウマを抱えつつ、裏帳簿を必死に探す。

しかし相田の妻である依子は取材に応じない

仕事のことや、尾高のことで心が折れそうになるケイト。

そんな折、尾高はケイトを案じ、電話をするのだった。

スポンサーリンク

追いつめられるケイト

翌朝出社したケイトは、乃十阿との関係性について暴露された自身の記事について知る。

これは以前、野中が他紙にリークしたもの。

編集部はその対応に追われていた。

迷惑をかけてしまったと詫びるケイトに、記事の内容について事実確認をする岩谷。

ケイトは「本当です」と認める。

すると岩谷は「わかった」と言い、編集部に「ここに書いてあることは本当だ。しかし我々の仕事は何も変わらない」と告げる。

そして「仕事でこんな話は吹き飛ばせ」と言うのだった。

ケイトはこの記事のせいで、副社長からさらに圧をかけられることに。

岩谷は「真壁ケイトの人権を堂々と守ることが出版社として一番の姿勢の示し方ではないでしょうか。」と言い返す。

さらに「真壁ケイトが売れるスクープを抜きます」と宣言する。

依子に取材に行くも、また断られるケイト。

そんな中、ケイトは乃十阿の件で殺人犯の娘として突撃取材されてしまう。

すると依子は、ケイトを家に引き入れる。

「何を言っても主人は もう戻って来ませんから」と何も話さない。

しかしケイトの「国会議員は国民の代表です。梅沢代議士がご主人に責任を押し付けて平気な顔してるのはおかしいと思うんです」という言葉に心を動かされる。

依子は相田の書斎に入ることを了承する。

ケガを心配するデスクや、ケイトの記事のフォローをする優しい仲間の対応に思わず涙ぐむケイトだった。

一方、明らかに挙動がおかしい野中。

岩谷は尾高の病室を訪れ、乃十阿のことについて「この話 知ってた?」と確認をする。

ケイトと野中が突然別れた理由が、ケイトの父親について野中が知ったせいではないかという岩谷。

そして、尾高が命掛けでケイトを守ったことが不愉快だった野中は、乃十阿についてリークしたのではないか予想する。

岩谷が去った後、憤る様子の尾高。

自宅に戻ったケイトだったが、ポストにケイトを中傷するチラシや、住人たちの不安な声を耳にしてしまう。

いたたまれないケイトは、編集部の仮眠室に行く。

すると尾高からメールが入る。

「ネットで自宅の場所が特定されてるから、しばらく俺のスタジオに泊まった方がいい。鍵の場所 知ってるよね」と。

それを読んだケイト「大丈夫、ありがとう…」と言いながら泣き崩れてしまうのだった。

尾高の想い

依子の父、相田の義理の父のところへ取材へ行くケイト。

依子の父は「娘の婿殿は、ホントに真面目で曲がったことの嫌いな立派な男だったよ」とケイトに言う。

そして相田が亡くなった後、自身の建設会社の景気が良くなったと話す。

そんな矢先依子の息子の大学合格を知らせる電話が入る。

退院して編集部に顔を出す尾高。

尾高を見て、またもや様子のおかしい野中。

尾高は野中を喫煙所に引っ張り込み、顔面を殴る

野中は痛みをこらえながら「尾高さんとケイさんの不倫がバレたら、もっともっと大変なことになりますから!」と言い、高らかに笑う。

しかしその後、顔を伏せ、泣く野中だった。

編集部に戻ったケイトは取材でわかったことを岩谷に報告。

それを聞いた岩谷は「梅沢が 奥さんの生活も奥さんの実家も息子の大学入学も面倒を見ると言って 相田に自殺を迫ったか」と察する。

しかし裏帳簿がなければどうしようもないという状況。

ケイトは、相田は証拠の帳簿をきっと残していると思っている。

引き続き、編集部での寝泊まりを続けるケイト。

そこへ岩谷が現れ、ケイトが自宅に戻れない事情を知り、ホテルを取ろうとする。

それを制し、自分なりにカスタイマイズした仮眠室を見せ、「当分の我が家です」と紹介するケイト。

岩谷は一時言葉を失うが、「一杯付き合えよ」とケイトを誘う。

岩谷は、尾高がケイトをかばって刺された際に、編集部全員が尾高の気持ちを悟ったという。

そして「一度しかない人生だ。自分の思い 大事にしたほうがいいんじゃないの?」と岩谷。

ケイトはそうしたいと言いつつ、尾高の妻と子どもを見たことを話す。

「私 尾高さんの病室に入っちゃいけないような気持ちになって…」と。

結局、突撃事件以来尾高とゆっくり話していないというケイト。

岩谷は「尾高はケイトを選ぶつもり。真っすぐ尾高を求めればいい」と答えるのだった。

真の遺書

ふとしたきっかけで裏帳簿の場所に気づくケイト。

相田家の愛犬の首輪にSDカードが隠してあったのだ。

開いてみると、ずらっと並んだ帳簿データのフォルダ内に「これを見つけた方へ」というメモ帳データ。

それは自殺前日に相田が梅沢とやり取りした内容などの、真の遺書だった。

相田は自分が死ぬことで、梅沢だけでなく、自分の家族や妻の家族も守ったのだ。

そしてこの内容を表に出すかどうかの判断は、見つけた人の手に委ねる、とのこと。

「どうしますか?」と依子に尋ねるケイト。

「主人は 命を懸けて…。私と息子を守ったんですね」と泣きながら話す依子。

そして「あなたの雑誌で公にしてください」ときっぱりと告げる。

公表することで、依子の実家への支援や息子の大学受験などに影響するが?と確認するケイト。

依子は「主人の最期の正義心を尊く思わなければ、妻であった意味はありません。」

「息子は (大学に)行かれなければ働けばいい。実家の両親も 私も夫のように命を奪われるわけではありませんから」と。

ケイトは「この消えた帳簿とこの本当の遺書。『週刊イースト』で掲載させていただきます」と答える。

ケイトは見事、右トップの記事になる大スクープを得た。

しかし副社長はさらなる重い指示を岩谷に下す。

ケイトに私記を書かせろというのだ。

「真壁杏南と乃十阿徹の不倫の子として生まれ、うちで働いてる その娘が何を考えて生きているのか」を読みたいという副社長。

東源出版は逃げない”という姿勢を示すためでもある。

副社長は「それが 岩谷のやり方だろ?」と言うのだった。

そんな中、尾高は乃十阿と接触していた。

2人は一体どこへ…?

『知らなくていいコト』第8話の感想|2月26日放送

相田が最後まで家族を想っていたことがわかり、切ない気持ちになりました。

ケイトのおかげで、相田の妻は救われましたね。

依子の涙にも胸を打たれました…。

そして、ネットでも話題の岩谷の対応です。

理想の上司と称えられていますね!

確かにこんな上司のもとで働けたら幸せですよね。

岩谷の見立てでは、尾高は離婚を決意しているというものでしたが、どうなっていくのでしょうか。

最後に、尾高に殴られた後の野中のクズ男具合。

本当に最高でしたね!

改めて野中役の重岡大毅さんの演技力を評価したいと思いました。

スポンサーリンク

『知らなくていいコト』の全話を無料で視聴する方法

『知らなくていいコト』は日テレ作品なのでhuluで全話が配信されます。

会員ではないと視聴することができませんが、huluは初回に限り2週間無料キャンペーン期間がありますので、

まだ使われたことのない方は、是非活用されると『知らなくていいコト』を無料で視聴することができます。

公式サイトはこちら

ちなみに過去に利用されたことのある方でも、ご家族の端末や友人の端末などを使えば1人1回は2週間の無料キャンペーンを利用できるので、すでに1度無料キャンペーンに入ってしまった方はこの辺をうまく使うことで、無料で視聴可能です。

huluはこちらは登録することができます!

『知らなくていいコト』を無料視聴する方法
  1. huluの『無料トライアル期間』(2週間)に登録
  2. 『知らなくていいコト』を視聴する
  3. 他の見放題作品も見ておく
  4. 『無料トライアル期間』(2週間)中に解約するか、月額933円(税別)で継続

[PR]huluで『知らなくていいコト』を無料視聴する方はこちら

『知らなくていいコト』第8話まとめ|2月26日放送

腕をケガしながらも、見事上層部に訴えかけることが出来る大スクープを押さえたケイト。

しかし、そんなケイトに私記を出せというさらなる難問が立ちはだかります。

尾高は自身も大きなケガを負いながら、ケイトを案じ続けます。

そして、野中への制裁を下します。

さらに、乃十阿を匿う尾高

尾高が乃十阿をかばうのは、ケイトのためです。

尾高のケイトへの無償の愛にネットも騒然ですね。

そして来週の予告で気になるのが「私は殺人犯の娘じゃないってこと?」というケイトのセリフ。

やはり乃十阿は人を殺していない?

誰の罪をかぶっているのでしょうか?

ひょっとすると、乃十阿と一緒にキャンプ場に訪れたと思われる乃十阿の家族ではないでしょうか。

以前ケイトが孫が爆弾犯であることを隠したまま、刑に服した元警察官の記事を書きました。

その記事が伏線だったとか…?

乃十阿とケイトと尾高の3人で、何を話したのかも気になりますね!

『知らなくていいコト』

↓全話のまとめはこちら↓

知らなくていいコト

>>【知らなくていいコト全話まとめ】<<

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です