2019秋ドラマ

『モトカレマニア』第2話のあらすじ・感想|MKM同盟!真のユリカへの気持ちは?

モトカレマニア
スポンサーリンク

フジテレビ系ドラマ『モトカレマニア』の第1話が、10月17日に放送されました。

同名コミックを映像化したこのドラマは、元カレへの思いを引きずるイタカワ女子のラブコメです。

新木優子さんがゴールデン・プライム帯ドラマ初主演ということで話題にもなっています。

新木優子さん演じる、難波ユリカ(なんばゆりか)のモトカレマニアぶりとは・・・?

ユリコが忘れられない、マコチこと斉藤真(高良健吾)とはどんな男性なのでしょうか。

今回は『モトカレマニア』第2話のあらすじ、第1話のあらすじ感想を紹介します。

この記事は、『モトカレマニア』第1話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

『モトカレマニア』第2話 あらすじ

ユリカと山下は互いに昔の恋人が忘れらないMKM(モトカレマニア、モトカノマニア)であることが判明。

そこで、脱MKM同盟を結成する。

ユリカは、マコチがもう死んだことにしようと決意。

そして脱MKM大作戦として、山下と江ノ島に王道デートに出かける。

そんな中、山下のモトカノである来栖むぎ(田中みな実)の存在も明らかになる。

そこへ肉食系OLである加賀千鶴(趣里)も山下へ誘いをかける。

一方山下は、マコチにユリカと交際していると言い、揺さぶりをかける。

過去は捨てたはずのマコチだったが、動揺し、葛藤する

そんなマコチが出した結論とは…?

『モトカレマニア』第1話 あらすじ

モトカレマニアは幸せ?

過去にマコチと過ごした場所を巡り、写真を撮り、輝く過去の思い出に浸るユリコ。

5年も前に別れたマコチのことを探そうと日々検索しているが、手掛かりはない

そんなユリコの行動を、親友の周防ひろ美(よしこ)にはストーカーと言われてしまう。

しかし、「(まだ好きだけど)会いたいとかそういう時期はもう過ぎたかな」というユリコ。

もはや、ファンのような心境だという。

ユリカは付き合ってた頃は、マコチの大切さをあまり分かっていなかった。

その後付き合った男たちがひどかったため、逃がした魚は大きかったことに気づいたのだった。

思い出の中のマコチを過ごせる今を、十分幸せというユリコ。

ひろ美に「このまま 何年 無駄にする気?」と心配される。

しかし、自分を「私はモトカレマニア。マニアとはそういうもの」と開き直るユリコだった。

そんなユリコは現在失業中で、もうすぐ失業保険も切れる。

現実は厳しいが、恋愛カリスマ小説家である丸の内さくら(山口紗弥加)の本はユリコを癒しくれる。

さらに妄想マコチも励ましてくれる中、就職活動に励むユリコだった。

1か月の仮採用

チロリアン不動産の面接に行くユリコ。

安藤一朗(小手伸也)に断られそうになり、思わず本音を漏らす。

「部屋の更新が近いんですが、失業保険がそろそろ切れます。取りあえず、どこでもいいから働きたいんです!」と。

すると1か月の仮採用が決まる。

社員たちに紹介される中、一人不在の社員がいて、名前は福盛真(高良健吾)という。

真という名を聞いたユリカは心の中で「やっぱりこれはマコチのおぼしめし」とほくそ笑むのだった。

山下との出会い

チロリアン不動産に新規の客、山下章生(浜野謙太)が現れる。

北海道からの転勤で、一人暮らし用の部屋を探しているという。

他の社員の要望で、ユリコは山下の担当となる。

さらにチロリアン不動産で働く男子社員たちは、ハラスメントを未然に防ぐ会=ハラミ会のメンバーであり、女性とは飲みに行かないという考えの持ち主だった。

ユリコは、退社後ひろ美と食事に行き、新しい出会いはないのか?と聞かれ、山下の話をする。

嬉しそうに、首元にマコチと同じ位置にほくろがあると言うユリカ。

ほくろのことはスルーしながら、山下と付き合ってみることを勧めるひろ美。

ずっと5年前のままだというユリコをひろ美なりに心配してのことだった。

過去の思い出

山下と部屋の内見をしているユリコ。

山下は、いまいち決め手にかける様子。

「(新しい部屋が)自分が一歩踏み出すきっかけになればいいと思う」と話す山下。

それを聞いて、「きっとなりますよ。ぴったりのお部屋 探しましょう!」と励ますユリコ。

そんな中、さきほどの物件の近くで山下が気になっていた餃子屋を偶然見つける。

テンションが上がる山下がグルメマニアだと気づいたユリコ。

マニア同士、意気投合する2人

しかし、ユリカはふとマコチとの別れのシーンを思い出し、泣きそうになってしまう。

思い出以上に日々が輝くことはないとわかっているが、輝いていたあの日々の記憶さえなくさなければ生きていけると強く思うユリカだった。

リアルマコチ

そんな矢先、出張中の福盛真が社に戻る。

それは忘れもしない、元カレのマコチだった。

動揺し、魂を持っていかれそうになるも、マコチが生きていたことを噛み締めるユリコだった。

母親の再婚により、苗字が斉藤から福盛に変わっていたというマコチ。

早速ひろ美に報告すると、「元サヤ 狙うんでしょ?」と言われ、なにか違和感を覚えるユリカ。

マコチがユリカのことを「昔のバイト仲間」と紹介したことが引っかかっていたのだ。

リアルマコチは現実過ぎて怖いので、自分はモトカレマニアのままでいいという。

そんなユリカは、間違ってマコチのsnsへ友達申請してしまうのだった。

翌日になっても、マコチからの友達申請の返事がなく、化粧も盛り過ぎてしまうユリカ。

しかも妄想マコチの解像度が、リアルマコチを見たせいで、各段に悪くなっていることに気づく。

山下と部屋の内見に行くも、「雰囲気 違いますね」と言われる。

そんな中、また過去の思い出にとらわれている自分に気づいたユリカをそっとフォローする山下。

そして「夕日 奇麗だな」と思えたと部屋を決める山下。

同じマニア同士のせいか、自分の気持ちをわかってくれる山下を不思議に思うユリカだった。

その後、社に戻ってきたマコチと二人きりになるユリカ。

お互いぎこちないながら、突然の再会に驚いた話をする2人。

ユリカが5年前に住んでいたところにまだ住んでいると言うと、マコチはユリカにおススメの物件の話をし始める。

マコチは、物件は絶対に買う方がいいと思っている派。

ユリカは無神経なマコチと今後一緒に働けないと思いつつ、収入面からそうも出来ない。

顔や雰囲気でショックをアピらない」と決め、普段通りに出社するユリカ。

マコチにもそっけない態度を取ることができ、満足な様子。

スポンサーリンク

山下の告白

そんな中、山下が契約したいと思っていた部屋に白井忠文(関口メンディー)の手違いで申し込みが出来ていないことを知る。

ユリカは安藤に頭を下げ、急いで申し込み書類を揃えること許可をもらう。

自分のことでいっぱいいっぱいで リアルに迷惑掛けるなんて、マニア失格」と必死に駆け回るユリカ。

山下の協力もあり、無事に審査が通った

2人で胸をなでおろす中、山下が「僕と今から始めるのはどうかなってことなんです。お友達からで構いません」とユリカに思いを告げる。

山下はユリカが「いろんな楽しいことが、もう終わっちゃってる」と話していた辺りから、ユリカが気にかかっていたのだ。

そんな矢先、マコチから友達申請の許可と「近々、飯でもどう?」というメールが入る。

モトカノマニア

急な誘いに複雑な心境になりながらも、やはり嬉しいと思ってしまうユリカ

結局マコチとの食事に行くことにする。

和やかに食事をしながら、過去や近況について語り合う2人。

昔、マコチの写真が好きだったという話をするユリカ。

その話を遮るように、この間勧めた分譲マンショについての話をするマコチ。

さらに今、マコチは高級マンションに住み、同居人もいるという。

それを聞いて、夢から覚めたように「マコチ、5年前と全然変わっちゃったね」と言うユリカ。

すると「確かに 変わったかもね。でも 俺がどうなろうと難波さんに関係なくない?」と返されてしまう。

いたたまれなくなったユリカは、先に帰ると言って、店を立ち去る。

5年前の時と同じように、マコチは後を追ってきてはくれなかった

雨宿りをしていると、偶然山下から電話が入る。

ユリカは「この人を好きになれば…きっと、私の時間は動きだす」と思うものの、踏み出せずにいる。

そこへ、妄想マコチが雨の中現れるが、振り払って歩き出すユリカ。

涙があふれるユリカ。

そこへ山下が現れ、「泣いていいですよ。大丈夫。 僕がそばにいます」と言う。

それを聞いたユリカは、山下の胸へ飛び込むのだった。

山下の部屋で雨に濡れた体を拭くユリカ。

山下がユリカにキスをしようとするも、ちょうどマコチから電話が鳴る

我に返り謝るユリカだったが、山下の様子がおかしい。

どうやら山下もモトカノが忘れられない、モトカノマニアだったのだ。

マコチの同居人

一人店に残っていたマコチの元へ、偶然チロリアン不動産の3人が現れる。

ユリカとマコチが昔付き合っていたことを、3人は察していた。

マコチがユリカにマンション購入を勧めたことをたしなめる安藤。

いいマンションだから、と納得がいかないマコチ。

マコチの同居人は、ユリカもファンである小説家のさくらだった。

マコチは帰宅後、さくらが寝ているベッドに静かにもぐりこむ。

マコチは、5年前のユリカとの思い出を忘れていたことに気づく。

そしてさくらは、先に眠ったふりをしていたのだった。

スポンサーリンク

『モトカレマニア』第1話 感想

妄想マコチに、ビューネくんを想像してしまった筆者でした。

仕事で疲れてる時とか、落ち込んでいる時にサッと現れて励ましてくれる存在。

ユリカが妄想マコチに現実逃避してしまう気持ちもわからなくないですよね!

でも、妄想マコチはユリカを抱きしめてはくれないし、思い出が増えることはなく…

かえって切ないのかもしれませんね。

それから、ユリカの中の脳内ユリカも面白かったです。

いろいろなユリカを見れて、大満足です!

それにしても山下がモトカノマニアって!

予想を裏切る展開で、面白くなりそうです!

『モトカレマニア』第1話 まとめ

5年ぶりに再会したユリカとマコチ

ユリカの気持ちは大きく揺さぶられるものの、マコチには全くそんな様子はなく…。

5年の間に、マコチに一体何があったのか。

好きだったカメラはもう触っていない様子。

マコチと同居するさくらとの関係は?

そして、マコチのユリカへの気持ちは?

いまいち何を考えているかわかりにくマコチ。

今後どんな動きを見せてくるかが楽しみですね。

ユリカと山下のマニアっぷりも今後どうなっていくのでしょうか。

次週に期待です!

『モトカレマニア』

↓全話のまとめはこちら↓

モトカレマニア

>>【モトカレマニア全話まとめ】<<

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です