2019秋ドラマ

『モトカレマニア』全話のあらすじ・まとめ【最終話まで更新】

モトカレマニア
スポンサーリンク

フジテレビの木曜劇場枠では、10月17日から『モトカレマニア』がスタートしました。

現在『Kiss』(講談社)で連載中の同名コミックを原作としている作品です。

ドラマの主人公は、新木優子演じる、難波ユリカ(なんばゆりか)。

27歳のユリカは現在失業中、見た目も会話力もないわけではないのに、恋愛が上手にできない

その原因は初めての彼、高良健吾演じるマコチこと斉藤真(さいとまこと)との恋愛にあった。

ユリカはマコチのことが忘れられず、事あるごとに昔の恋の時間を振り返るという現実逃避を繰り返す。

ユリカは「私はモトカレマニア」と、自分のしていることになんの疑問も持っていない。

そんなユリカの新しい職場に同僚として現れたのは、妄想ではない、現実のマコチだった。

恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディーである『モトカレマニア』。

第1話からのあらすじをまとめてみました。

『モトカレマニア』全話のまとめ

主な登場人物
難波ユリカ(新木優子)
斉藤(福盛)真(高良健吾)
山下章生(浜野謙太)
来栖むぎ(田中みな実)
周防ひろ美(よしこ/ガンバレルーヤ)
大沢将(森田甘路)
白井忠文(関口メンディー/EXILE GENERATIONS)
増田隆志(加藤虎ノ介)
新田浩二(大地)
服部紡(大倉空人)
近藤康(井上翔太)
加賀千鶴(趣里)
安藤一朗(小手伸也)
駒込和馬(淵上泰史)
丸の内さくら(山口紗弥加)

『モトカレマニア』1話【10月17日放送】

『最高の元カレ現る!!あなたにも忘れられない恋ありませんか?』

1話の簡単なあらすじ

現在失業中の27歳・難波ユリカ。

初めて付き合った彼氏、マコチこと斉藤真が忘れられず、次の恋愛に進めずにいる。

失業保険がもうすぐ切れる上、アパートの更新も近づいていたユリカは、チロリアン不動産の仮採用が決まる。

そこでユリカが担当した客である山下章生(浜野謙太)と恋が始まる予感…

そんな矢先、出張していたというもうひとりの社員、マコチと偶然再会するのだった。

『モトカレマニア』2話【10月24日放送予定】

『三角関係に急展開!元カレVS元カノマニア!』

2話の簡単なあらすじ

ユリカと山下は互いに昔の恋人が忘れらないMKM(モトカレマニア、モトカノマニア)であることが判明。

そこで、脱NKM同盟を結成する。

ユリカは、マコチがもう死んだことにしようと決意。

そして脱NKM大作戦として、山下と江ノ島に王道デートに出かける。

そんな中、山下のモトカノである来栖むぎ(田中みな実)の存在も明らかになる。

そこへ肉食系OLである加賀千鶴(趣里)も山下へ誘いをかける。

一方山下は、マコチにユリカと交際していると言い、揺さぶりをかける。

過去は捨てたはずのマコチだったが、動揺し、葛藤する。

そんなマコチが出した結論とは…?

『モトカレマニア』3話【10月31日放送予定】

『抑えられない・・・あなたが好き。突然の告白!』

3話の簡単なあらすじ

恋愛よりも仕事に重きを置くことに決めたユリカ。

しかしユリカの指導係にマコチがつくこととなってしまう。

ユリカは、自分が好きなのはあくまで思い出のマコチであることを改めて宣言する。

そんな中、マコチと同居しているさくらも、モトカレマニアだったことが判明。

しかし、2人は分かり合えない様子。

マコチと一緒に仕事をする時間が増え、自分の思いが消せないことを強く感じるユリカ。

そんなユリカはマコチに「好きです」と伝えることに・・・?

『モトカレマニア』4話【11月7日放送予定】

『決別へ 女たちの反撃開始!』

4話の簡単なあらすじ

マコチとの誕生日のキスに心が乱されるユリカ。

しかし、一度でも好きな人からキスをしてもらえたことで、それでいいと自分に言い聞かせる。

マコチも自身の行いを最低だと思いつつ、どうにもできずにいた。

一方、山下は千鶴からの告白をいったん断ったものの、それでも食い下がる千鶴に戸惑いを見せる。

また、山下のモトカノであるむぎもまだ山下のことを忘れられずにいた。

そしてモトカレである駒込和馬(淵上泰史)と再会したさくらも、ずっと止まったままの時間が動き出しているのだった…。

『モトカレマニア』5話【11月14日放送予定】

『もう恋なんてしない 湯けむり傷心女子旅』

5話の簡単なあらすじ

恋に破れた男2人、マコチと山下は同居をすることに。

マコチは「忘れます。もうユリカに許してもらえない」と落ち込む。

そしてユリカとさくらがつながっていることに驚愕する。

一方、温泉旅行で偶然出会ったユリカとむぎ。

むぎは「彼(山下)のことを許すつもりはない」と思っている。

しかし、まだむぎが山下を完全に忘れていないと思ったユリカは、むぎと卓球勝負?!をすることに。

そして山下は、ユリカがマコチを何年も忘れられずにいたことを、マコチに明かすのだった…。

『モトカレマニア』6話【11月21日放送予定】

『第二章、開幕!恋敵現るも、真の敵は・・・』

6話の簡単なあらすじ

「ずっと好きだった。今度こそ俺がマコチを忘れさせる」とユリカを抱きしめる翔(柿澤勇人)。

翔と一緒にいるのは楽しく、欲しい言葉もくれると思っているユリカ。

そして、マコチとの思い出がつまったアパートを出ることにしたユリカ。

その引っ越し準備にも翔が付き添っている。

一方マコチは、ユリカのことが気になってしまい、モトカノマニアになりかけている。

東京で会うようになった山下とむぎだったが、「(山下を)やっぱり許せないかもしれない」とつぶやくむぎ。

マコチは自分を情けなくて、みっともなくて、と卑下しながらもユリカへの思いに真っすぐに向き合おうとしている。

自分を挑発してくる翔と、自分の弱い心、果たしてマコチは打ち勝つことが出来るのか?

スポンサーリンク

『モトカレマニア』7話【11月28日放送予定】

『仕事か恋か・・・究極の選択!修羅場の宴!』

7話の簡単なあらすじ

ヨリを戻したユリカとマコチは幸せいっぱい。

そんな中、さくらの家でホームパーティーが開かれる。

ユリカは、マコチの「ユリカの顔が好き」という発言にショックを受ける。

さらに桃香(矢田亜希子)が家を売りたいとユリカを訪ねるが、忙しいユリカに代わり、マコチが担当をすることに。

また山下とむぎ、さくらと和馬も、気持ちが通じ合ったにも関わらず、わだかまりを感じ始める。

好きな相手だから、相手に自分の心をわかってほしいという気持ちが募る。

好き同士故に、すれ違ってしまうのか…。

そしてマコチと桃香の間に、危険なムードが漂う…?

『モトカレマニア』8話【12月5日放送予定】

『最終章突入!最強の匂わせ女子、登場!』

8話の簡単なあらすじ

将来を見据えて、一緒に住む部屋を探し始めたユリカとマコチ。

桃香の担当となり、張り切って仕事をするマコチ。

しかしマコチとユリカの交際を知らない桃香は、マコチを下の名で呼び、マコチの存在をsnsで存在を匂わせる。

桃香の真の狙いはわからないが、マコチがターゲットになっていることは事実。

これは誰に対する宣戦布告のメッセージなのか。

一方でさくらにひかれ始めた白井(関口メンディー)は、さくらにデートを申し込む。

北海道に帰ることになったむぎは、さくらと和馬の関係を上手くいかなかった過去への執着に見える、とさくらに告げる。

そして、山下はこのままむぎと別れてしまうのか。

どうしても山下をほっておけない千鶴は「本当に失ったらつらい人は誰ですか?」と問いかけるのだった。

『モトカレマニア』第9話(最終話)【12月12日放送予定】

『涙の最終回!最後の告白、未来への決意』

9話の簡単なあらすじ

桃香とマコチのことを疑い、さらに自分の気持ちがわからなくなったユリカ。

またマコチも、ユリカが泣いたり怒ったりしていると、自分もテンパってしまうと自信がなさそうな様子。

その後桃香がチロリアン不動産を訪れ、誤解が解けたものの、ユリカは恋愛そのものにためらいを見せる。

マコチは「ふたりで住む部屋の契約に行こう」というが、ユリカは一度距離を置きたいと言い出す…。

一方、和馬に「待っていてほしい」と言われるさくら。

それに対しさくらは「ひとりで考えたい」と返事を濁す。

本当は家族を捨てるような人は好きではないのに、揺れているさくら。

そんな中、さくらの家へ白井が訪れ、差し入れと共にストレートな愛情をさくらに向けるのだった。

そしてむぎを忘れることが出来ない山下。

山下のモトカノマニアのプライドにかけて、むぎを取り戻すことが出来るのか…。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です