2019秋ドラマ

『モトカレマニア』第8話のあらすじ・感想|桃香の真の狙い ユリカはマコチを取り戻せるのか?!

モトカレマニア
スポンサーリンク

フジテレビ系ドラマ『モトカレマニア』の第7話が、11月29日に放送されました。

ヨリを戻したユリカ(新木優子)とマコチ(高良健吾)は幸せいっぱい。

そんな中、さくら(山口紗弥加)の家でホームパーティーが開かれる。

ユリカは、マコチの「ユリカの顔が好き」という発言にショックを受ける。

さらに桃香(矢田亜希子)が家を売りたいとユリカを訪ねる。

また山下(浜野健太)とむぎ(田中みな実)、さくらと和馬(淵上泰史)も気持ちが通じ合うが、わだかまりが消えない。

好きな相手だから、相手に自分の心をわかってほしいという気持ちが募る。

好き同士故に、すれ違ってしまうのか…。

そしてマコチと桃香の間に、危険なムードが漂う…?

今回は『モトカレマニア』第8話のあらすじ、第7話のあらすじ感想を紹介します。

この記事は、『モトカレマニア』第7話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

『モトカレマニア』第8話 あらすじ

将来を見据えて、一緒に住む部屋を探し始めたユリカとマコチ。

桃香の担当となり、張り切って仕事をするマコチ。

しかしマコチとユリカの交際を知らない桃香は、マコチを下の名で呼び、マコチの存在をsnsで存在を匂わせる

桃香の真の狙いはわからないが、マコチがターゲットになっていることは事実。

これは誰に対する宣戦布告のメッセージなのか。

一方でさくらにひかれ始めた白井(関口メンディー)は、さくらにデートを申し込む

北海道に帰ることになったむぎは、さくらと和馬の関係を上手くいかなかった過去への執着に見える、とさくらに告げる。

そして、山下はこのままむぎと別れてしまうのか。

山下を好きになってしまった千鶴(趣里)は山下をほっておけないのだった。

『モトカレマニア』第7話 あらすじ

それぞれの朝

朝起きると、ユリカの横には妄想ではない現実のマコチ

一緒に目覚めることが出来た喜びに浸るユリカ。

マコチは職場で、2人がまた付き合いだしたことを報告

ハッピーオーラに包まれるユリカ。

そこへ元旦那と住んでいた家を売りたいと、ユリカの元を訪れた桃香。

しかし、現在忙しいユリカに代わり、マコチが桃香の担当をすることに。

一方さくらの家で一晩を過ごした和馬は、「行きたくないなぁ…」と言いながら家を出ていく。

それを見届けたさくらは「やっと 眠れる」と横になる。

さらに山下とベッドで眠るむぎ。

目を覚ました2人は、浮かない顔をしていた。

修羅場のホームパーティ?!

ユリカの発案で、さくらの『ハッピーウーマン2019』受賞祝いのパーティーが開かれることに。

海外ドラマに出てくるパーティーのように、大勢でパーッと騒ぎたい、というのがさくらのリクエスト。

張り切ったユリカは山下たちや、チロリアン不動産のメンバーも誘う。

偶然むぎと再会した千鶴、むぎの声掛けで千鶴もパーティへ行くことになるのだった。

まだ山下のことが気にかかる千鶴は、むぎに質問を繰り返す。

その中で、むぎの東京での仕事が期間限定であることも判明する。

山下とむぎを後押ししたいユリカとマコチ。

考え込んでいる様子のむぎを、ユリカがさくらと共に別室へ誘う。

むぎが千鶴に声を掛けたのは、千鶴がどんな人なのか気になってということだった。

むぎは、また山下と遠距離恋愛になってしまうのが怖いのだった。

遅れてきた参加者

パーティに遅れて到着したひろ美。

マコチはひろ美に挨拶へ行くが、すぐにその場を離れるひろ美だった。

その後、マコチのところへ行き「ユリカのどこが好きなんですか?」と尋ねるひろ美。

マコチは頑張り屋でかわいいとユリカを褒める。

続けて「本当はすごい繊細で悩みやすい子だから…。そういうところ守らなきゃって思ってます」と真摯に答える。

それを聞いたひろ美はホッとしたように「今度 三人で飲みましょ」と笑顔でマコチを誘うのだった。

パーティへは和馬もサプライズで現れる。

和馬の左手の薬指から、結婚指輪が外されていた

和馬が誰か?という話題から、結婚や子供の話題になる。

結婚はタイミング、それ以外にない。(子供は)カワイイ」という答える和馬。

それを聞いて顔を曇らせたさくらをひろ美は見ていた。

別室でさくらにハンドマッサージをするひろ美。

ひろ美はさくらを慰めつつ、結婚して4年が経つがまだ子どもが出来ないという話をする。

誰かの幸せは 誰かの地雷。でもさ私たちも きっと気付かないうちに悪気なく、誰かの地雷踏んでるんだよね」とさくら。

それにうなづきつつ、「もう ほっといてくれ。そこそこ幸せに生きてんだから」と答えるひろ美だった。

買出しに出たマコチと和馬。

マコチは「さくらさんには幸せになってほしいんです」と和馬に釘を刺す。

俺も そう思ってます」と答える和馬だった。

スポンサーリンク

山下の決断

山下の昇進も近づき、そろそろ結婚では?という話題になる。

しかしむぎは北海道での仕事を辞めるつもりはないと、前回プロポーズした際に山下に伝えていた。

そして今回も「(北海道に帰るし)今は 結婚とかそういうの考えられないかな」と答えるむぎ。

むぎの夢は地元で地域に密着した情報を届け、声だけでも誰かを安心させること。

すると山下が北海道に行き、むぎを支えるしかないのでは?という意見があがる。

最後まで挑戦的な千鶴は「(山下が北海道に行き、今まで)頑張ったことなかったことにされるの、山下さんが かわいそう…」とつぶやく。

それを聞いたむぎは苛立ちを隠せない。

ささいなことからケンカをするむぎと山下。

将来の話がしたいという山下に対し、むぎは「仕事は辞めて北海道についてこい。私に そう言えって言うの?」と言って立ち去ってしまうのだった。

急いで追いかけて話をする山下。

山下のことが好きだが、ラジオの仕事も同じくらい好きというむぎ。

そして「東京に残れって言って」というむぎ。

山下はむぎの全部が好きだから、むぎの邪魔はしたくないという。

そして「優柔不断はもう 終わりにしなきゃ。別れよう」とむぎに告げる。

結婚に向けて?

まだ部屋を探せていないマコチは、今度はユリコの部屋で暮らし始める

マコチに新しい靴下を買っておくなど世話を焼き始めるユリカ。

その靴下をじっと見つめるマコチ。

パーティの後、山下とむぎが別れたことを話すユリカとマコチ。

タイミングが重要だったのかな?と話すユリカ。

マコチはユリカに「新しい部屋 一緒に探そっか。真剣に考えよう。二人のこれから」と言う。

そしてユリカとのことをタイミングとかで決めたくないと。

それを聞いたユリカはさらに張り切って、マコチのワイシャツにアイロンをかけ、豪華な朝食を作る。

それに驚きながらも、朝食を食べようとするマコチに、今度は食べる順番を指摘するユリカだった。

白井の恋の予感?

パーティで酔いつぶれた白井はそのままさくらの家に泊まることに。

目を覚ますと笑顔のさくらがいて、驚く白井。

ホームパーティでもなんとなくいい雰囲気だった2人。

白井はさくらに久しぶりに会ってキレイになったと褒めており、さくらも白井のロマンチストなところに好感を持っているようだった。

スポンサーリンク

『モトカレマニア』第7話 感想

マコチの寝起きシーンにキュンキュンされられた方も多かったようですねー!

そして回を重ねるごとに、ひろ美の味わい深さを感じる筆者です。

今回はユリカだけでなく、さくらをも癒していました。

そしてひろ美の「ほっといてくれよ」ほんとその通りですよね!

ひろ美役のよしこさんの演技もいいですよねー!

そしてマコチ、、、

さくらの家を出てから、新しい部屋を探すの遅くないですか?不動産屋さんのくせに。

それなのに、ユリカの買った靴下になにか意見があるとか…

マコチがそんな小さい男なはずはない!とマコチを信じようと思います。

『モトカレマニア』第7話 まとめ

今回はほとんどがパーティでの出来事でした。

そして山下は、むぎと別れることを決めましたね。

むぎを大好きだからこそ、彼女の夢を自分が邪魔したくないと思った山下でした。

それを聞いたむぎも、どこかでこの結末をわかっていたようで、涙は見せませんでした。

千鶴に煽られてしまった感じはありますが、遅かれ早かれ決断しなければいけないことだったようです。

今回は山下とむぎにスポットが当たり、ユリカとマコチの恋愛模様はそれほど触れられていませんでした。

しかし、マコチがユリカを大切に思っていることはしっかりと描かれていました。

マコチの将来という言葉に敏感に反応してしまったユリカ。

そして桃香の真の狙いは?

一体来週はどうなるのでしょうか。

『モトカレマニア』

↓全話のまとめはこちら↓

モトカレマニア

>>【モトカレマニア全話まとめ】<<

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です