2019秋ドラマ

モトカレマニア|担当編集者『新田浩二(あらたこうじ)役』の俳優は大地(林睦宸)【プロフィール・出演作品】

モトカレマニア
スポンサーリンク

フジテレビの木曜劇場枠、10月17日から『モトカレマニア』がスタートします。

同名コミックを原作としている作品で、現在『Kiss』(講談社)にて連載中です。

まだ最終回を迎えていないようなので、原作を知っている方も展開を予想しながら、一緒に楽しめそうですね!

そしてそのドラマに、大地さんが新田浩二(あらたこうじ)役として出演します。

この記事では、大地さんのプロフィール出演作などをご紹介していきます!

モトカレマニア|『新田浩二(あらたこうじ)役』大地のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】オリジナル連続ドラマ GHOSTTOWNさん(@ghosttown_staff)がシェアした投稿

名前:大地(中国名は林睦宸/Lin Mu Chen)
生年月日:1985年12月30日
身長:178㎝
血液型:O型
事務所:テンカラット

公式サイトによると、大地さんは日本語中国語のバイリンガルのようです。

出身地はわかっていないのですが、大地さんは台湾日本のハーフという情報もあり、中国では役者活動をされているようです。

大地さんの事務所であるテンカラットといえば、高良健吾さんや田中麗奈さんが所属しているところですよね。

高良健吾さんは大地さんが出演する『モトカレマニア』の主演の1人、マコチこと斉藤真を演じます。

モトカレマニア
モトカレマニア|元カレ『マコチ役』の俳優は高良健吾【プロフィール・出演作品・演技評価・役どころ】10月からの新ドラマのキャストが発表され始めました!! フジテレビの木曜劇場枠では、10月17日から『モトカレマニア』がスタートし...

演技に定評のある高良健吾さんから、後輩の大地さんへ演技指導などがあるかもしれないですね。

ドラマの方も期待出来そうですね!

スポンサーリンク

モトカレマニア|『新田浩二(あらたこうじ)役』大地の出演作

スポンサーリンク

ドラマ

  • FFODオリジナル連続ドラマ『GHOSTTOWN
  • FODフジテレビ『僕はまだ君を愛さないことができる
  • dTVチャンネル『恋するための8つの法則』※第1話に出演
  • NHKスペシャルドラマ『夢食堂の料理人~1964東京オリンピック選手村物語~

こちらは日本での出演作品の紹介となります。

まだ日本での出演数は多くないようですが、中国では映画にも何本か出演されているとのことです。

独特の雰囲気を持った大地さん、これからいろいろな作品で見かけることになるかもしれませんね!

出演作紹介『GHOSTTOWN』

主人公である山本太陽(大谷亮平)は生徒たちとフィールドワークで樹海に行くが、こにはネットで噂となった杉沢村のような怪しい廃村があり、数々の遺体が転がっていた。

遺体に触れた者は、まるで生きたゾンビのように両腕が動かなくなってしまう。

果たして、主人公たちは生きて樹海を抜け出せるのか!?というホラーサスペンスドラマです。

生徒たちの一人である、中国からの留学生の張天祐(チャン・テンユウ)役を演じている大地さん。

中国語を話すシーンもあるようです。

呪術を使う役どころということですが、どんな様子なのかとっても気になりますね!

CM出演

セブンイレブン 2018年

大地さんがおいしそうに麺をすするシーンが印象的でした。

御茶園 2018年

ペットボトルのお茶を、大地さんが土の中に植える!という一風変わったCMでした!

他にもトヨタ自動車、花王、マクドナルドなどの大企業のCMに出演されていたようです。

大地のシングルファザー(?)の役が素敵

他にも大地さんの映像を探してみると検索するとこんな動画が出てきました。

こちらはおそらく、2016年オムニバス映画 瑞穗鮮乳『我的媽媽』内の映像の一部かと思われます。

大地さんが一人で娘さんを育てているストーリーとなっています。

仕事と家事に疲れながらも、懸命に娘さんとの毎日を送っている様子が心に響きます。

筆者は中国語の意味はわからないのが非常に残念ですが、娘さんにとってお父さんがヒーローであることが伝わってきます!

優しい音楽と大地さんと娘さんのお互いを思う気持ちに、とても感動しました。

モトカレマニア|担当編集者『新田浩二(あらたこうじ)役』の俳優は大地(林睦宸)【プロフィール・出演作品】:まとめ

最後に『モトカレマニア』で、大地さんが演じる役について。

ドラマの中に、主人公である新木優子演じる難波ユリカが愛読する恋愛小説が登場します。

その作者・丸の内さくら(山口紗弥加)を担当しているのが大地さん演じる新田浩二(あらたこうじ)だそうです。

さくらの担当編集者で、さくらに新しい作品の執筆を熱望する役どころだそうです。

少し長谷川博己さんを連想するような、涼やかなお顔立ちの大地さん。

どんな熱い編集者を演じられるのか、大地さんの日本語と共に楽しみですね!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です